ブログの記事追加にあたり考慮すること

再訪問誘導のための記事コンテンツついかにあたり、意識しておいたほうがいいことがあります

ブログの記事追加にあたり考慮すること 記事を追加するにあたり、その記事がブログ全体の中でどのような位置づけになるかを意識し、最適なカテゴリーに配置します。

タグ機能がある場合はキーワードを記述して関連する記事と後で連携できるようにします。

タグ機能がない場合でも本文の最後に#をつけてキーワードをつけておけば検索機能を使って結びつけることが可能になります。

記事本文はあまり短くならないようにストーリーを考えましょう。簡潔にまとまっていたほうが記事としては読みやすいのですが、ボリュームが少ないと印象に残りません。

わかりやすく箇条書きで書いた場合でも一つ一つ解説をあとからして、詳しく記述します。

コンテンツが2回読まれることを意識するとボリュームがありつつ、わかりやすい記事が書きやすいです。初回向けに細かな解説、2回目向けに要点をまとめたものを意識するようになるためです。

記事には必ず画像を入れます。
少なくともヘッダ画像だけでも挿入し、後からイメージを見て内容を思う出せるように印象付けます。

本文中もできれば図解解説を入れましょう。パワーポイントなどのプレゼンソフトであれば、画像、文字、図形、グラフなどが簡単に作れます。

画像はSNSでページが引用された際に意図したものが引用表示されているか確認しましょう。HTMLヘッダにて指定することができます。


ワーク

カテゴリーが最適か確認
タグ機能で補足
最適な記事のボリューム(文字数)
文字だけでなく画像も入れる
SNS連携のためのヘッダを記述