SEOコンテンツとしてのブログ

ブログは自社サイトのSEO的価値を上げる重要な役割を持ちます。 コンテンツマーケティングの基本となりますが、ロングテールSEOとしても効果が期待できます。

SEOコンテンツとしてのブログ 自社サイトのSEO的価値を長期的に高めるには自社サイト内に記事が追加されるブログが有効です。別ドメインになってしまうブログサービスだと、そのブログの価値を上げることはできてもサイトの価値を上げることはできません。自社サイト内のいちコンテンツとなるようビジネスブログをつくります。

ブログを更新したら、更新情報を知らせる場をつくります。オフィシャルサイトのトップやTwitter、Facebook、Google+などにアップします。

RSSやサイトマップXMLなど、フィード情報の配信も行います。

ブログの更新頻度は高ければ高いほどいいのですが、更新作業に手間がかかるのも事実です。オリジナル記事の他に事例、利用者の声、質問と答え、メルマガバックナンバー、お知らせなど更新頻度の高い情報をブログ化することも検討します。

いずれもSEO施策としての行動ですが、再訪問を促すコンテンツマーケティングとしての施策も兼ねるので、あまりキーワードに偏った記事にしないことも重要です。人が読んで不自然と思われるほどキーワードを含みすぎないようの注意しましょう。

ブログには基本的にビジネスに繋がる情報や代表の思いを記載します。訪問した人に会社の思いや得意分野を知らせ、自分たちを評価してもらう材料とするのです。

ワーク

自社ドメインのブログをつくる
ページのメインキーワードをきめる
更新情報をオフィシャルサイトにも掲載する
SEOを意識したコンテンツ作りをする
ビジネスの関する情報のみを掲載する