本文は多くてもいい

ページのコンテンツはシンプルに分かりやすく書きたくなりますが、SEOの視点からはテキストはあればあるほど検索されやすくなります。

ページのコンテンツはシンプルに分かりやすく書きたくなりますが、SEOの視点からはテキストはあればあるほど検索されやすくなります。

特に複合キーワードはページ内に含まれたテキストが検索エンジンに取得される必要があるので、様々な複合キーワードが含まれたテキストが必要になります。
文章は段落に分けて記述し一覧で表示できる情報はリスト形式で記述します。
また図表などでコンテンツを補足する場合はキャプションつけてキーワードを入れたり、画像のタグにはaltにより画像の説明を入れます。

あくまで人に読んでもらうことを前提としますが、1ページのコンテンツが長くなるからといって雑誌サイトのように2ページ、3ページを分けることは避けたほうがいいです。
1つのキーワードと関連するキーワードが同一ページに入っていたほうが複合キーワードで検索されやすいと意識しましょう。

ワーク

コンテンツは多めのテキストを書く
メインキーワード、サブキーワードを含む。
一覧はリストタグを使う
画像には必ずalt入れる
文章はpタグを使う