見出しはメニューに合わせる必要はない

h1、h2タグなどと呼ばれる見出しタグは人の目と検索エンジンの両方を意識する必要があります。

SEOの内部施策で最も重要なのがページのコンテンツ部がきちんと見出し本文で訳たれていることです。見出しにはレベルがあり、一番上位の見だしh1タグは1ページに1つか存在できません。

見だし1はメニューやリンクで記述されているテキストと同じことが多いのですが、SEOの視点ではさらに複合キーワード含んだタイトルにしたほうが効果的です。また、タイトルと内容が合致していないと意味がないので、本文にも同様にキーワードを含ませましょう。

見出し1はページの先頭に近い位置に記述されますが、本来この場所はキャッチコピーなどで見込み客を引き止めるコンテンツを画像で表示したくなるところです。
キャッチコピーとは別ものとして必ずテキストで書くようにしましょう。

ワーク

見出し1ページ内で1つだけ
pageの内容を示すタイトルの、段落の内容を示すタイトルに
メインキーワード、サブキーワードを含む
見出しは画像ではなくテキストで
h1はコンテンツ部の最初に書く