1-2-3 SEO内部施策

基本はタイトルタグ

内部施策で最も基本要素がページタイトルです。 通常はブラウザのタイトルバーに表示されるもので、ページを表示しても表示されない不可視コンテンツです。これがSEOで最も重要視されます。

基本はタイトルタグ

descriptionはサイト誘導のリード文を書く

ページのHTMLのヘッダ内にメタタグというタグがあります。 メタタグはページには表示されず、外部から参照したプログラムなどに渡す情報になります。

descriptionはサイト誘導のリード文を書く

見出しはメニューに合わせる必要はない

h1、h2タグなどと呼ばれる見出しタグは人の目と検索エンジンの両方を意識する必要があります。

見出しはメニューに合わせる必要はない

本文は多くてもいい

ページのコンテンツはシンプルに分かりやすく書きたくなりますが、SEOの視点からはテキストはあればあるほど検索されやすくなります。

本文は多くてもいい

コンテンツ内のリンクを考える

検索エンジンがそのページの順位を決めるのに必要な要素はページのコンテンツともうひとつのそのページヘのテキストリンクです。

コンテンツ内のリンクを考える

パンくずは検索結果に表示される

検索エンジンはパンくずメニューを認識すると検索結果にもきちんと同じ形で表示してくれます。ページタイトルと同じキーワード付きタイトルで記述します。

パンくずは検索結果に表示される

メニューはリスト形式で

メニューはリスト形式(liタグ)で記述し、CSSで見やすさを調整します。

メニューはリスト形式で

重複を避ける施策

SEOの内部施策で重要なことは検索エンジンにそのページが持っている情報をきちんと伝えることです。

重複を避ける施策

HTMLをしっかり

HTMLは常に進化しており、色々と変わっていきます。 表示の崩れがなく、どのブラウザでも見ても矛盾ない構造にする必要があります。

HTMLをしっかり

検索結果に画像を出す

これからはページに対し1つの画像を用意するしておいたほうがよさそうです

検索結果に画像を出す

やってはいけないSEO

SEOのの内部施策には過去には効果が期待できたが、現在は検索エンジンスパムとみなされるものが多数あります。

やってはいけないSEO