ねこすけLPO ランディングページ制作サービス

Webマーケティングサービス
ねこすけLPO ランディングページ制作サービス
専用ランディングページをつくり、更に訪問きっかけ別にヘッダーバナーを変える。 広告、キャンペーンのためのLPOです。

「ランディングページ作成」+「動的LPO」の実施でランディングページのコンバージョン率をアップさせます。

ランディングページ制作サービス概要

弊社のLPOに関する考えたかは「広告からの誘導は専用ランディングページ最適化を行い、検索結果からの訪問やトップページのランディングには動的LPOツールにて最適化行う」というものです。
そのため、弊社のLPOサービスはランディングページ企画構築サービスとLPOツール提供の2つがあります。

ランディングページ制作サービスの紹介

SEOやキーワード広告(PPC)でニーズを持った見込み客をサイトへ誘導することが可能になりました。しかしながらせっかくアクセスしてもらっても1ページ閲覧して去ってしまうアクセスがほとんどです。なぜでしょうか?実は閲覧者はページを読むのではなく、一瞬で読むべき価値があるのか判断し、その後流し読みをし、その後に初めてテキストを含めてコンテンツを閲覧するのです。

LPOが必要な理由

つまり最初の勝負は一瞬で決まるのです。
たとえ1クリック500円の広告でサイトへ誘導してもこの一瞬で去ってしまう可能性があるのです。
そこで必要になるのが最初に閲覧されるページの最適化(LPO:Landing Page Optimization)です。
本来はアクセスされるキーワードによって違うページを作ってしまえばいいのですがそれではコストがかかり過ぎますし、サイトの構造としても不自然になってしまいます。そこで主要キーワードに対しては専用ランディングページを作り、サブキーワードに関してはコンテンツの一部を変更する事によりアクセスしてきたきっかけに合わせた内容を表示させるのです。

ランディングページ制作サービスの紹介

ランディングページは商品紹介ページともトップページとも違います。
一瞬で見る価値を判断されることを意識し、注目を集めることに力を入れます。
サイトが商品カタログだとするとランディングページはチラシやリーフレットにあたります。1ページで全てをわかりやすく説明する必要があります。
ランディングページの作成は「販売したい商材」「ターゲット顧客」「キーワード」を決めた上で作り込みます。1ページに中にキャッチやリードの他に商品(サービス)説明、事例、利用者の声、会社概要などを詰め込んで、1ページでクローズまで持って行きます。そのため専用ランディングページにはメニューがありません。

重要なのはニーズにマッチするコンテンツキーワードが目立っていること

専用ランディングページを作っても、検索キーワードに合わせたコンテンツが表示されているとは限りません。
そこで、専用ランディングページの一部をLPOツールでさらに最適化します。

 

ランディングページ導入により期待できる成果・効果

広告の効果を最大限に発揮させることが可能になる(機会損失を減らす)。
サイト訪問者をより意識するようになり、サイトコンテンツが顧客志向になる

ランディングページ制作サービスの想定対象者

  1. 社内サイト運営者
  2. サイトオーナー

ランディングページ制作サービスの導入フロー

  1. フォームから問い合わせ
  2. 商談
  3. 提案・見積もり
    ターゲット顧客の選定、アクセスキーワードの選定、コンテンツの企画、コンテンツの配置とゴールへの誘導設計、LPOツールによるコンテンツ書き換え箇所の提示とキーワード別コンテンツの企画
  4. 契約
  5. ページ作成・確認
  6. ページ公開
  7. 効果検証レポート(月1回、6ヶ月)
  8. コンテンツのチューニングとA/Bテストの実施(月1回、6ヶ月)

ランディングページ制作料金

企画料金 50,000円/1商材
ページデザイン料金 100,000円/1ページ
ページ制作料金 50,000円/1ページ
同一商品別ニーズページ制作料金 30,000円/1ページ
効果検証・チューニング料金 30,000円/月(導入後6ヵ月)