6. 既存顧客の再購入シナリオ

一度商品を購入した人はある程度購入したところを信頼します。 これは自分がここで購入したことを正当化したい心理が働くためです。 このきもちがあるうちに本当の信頼関係を構築し、再購入してもらいやすいようにしましょう。

一度商品を購入した人はある程度購入したところを信頼します。
これは自分がここで購入したことを正当化したい心理が働くためです。
このきもちがあるうちに本当の信頼関係を構築し、再購入してもらいやすいようにしましょう。

初回販売時に手厚くフォローし、メールを送るパーミションをもらってください。
送信するメールはセールスだけでなく、なるべく読んでもらうコンテンツを入れるようにしましょう。
その後のセールスのタイミングは2つです。
一つはキャンペーンの告知です。
。安く購入できたり、おまけを付けラリして通常時よりもお得に変えることを告知するときです。

もう一つは顧客の行動にあわせて送付するメールです。
下記のような情報を取得して下さい。
・情報メールに対してコンテンツページを閲覧した人(メール記載の個人別URLをクリック)。
・その後商品購入ページを見た人(クッキーで計測)。
・それから何度かサイトに訪れてる人(クッキーで計測)。
・資料をダウンロード(クッキーで計測)。
・ステップメール登録(メールアドレス登録)
このような条件で顧客リストを抽出し、自動でセールスメールを送付するのです。
セールスオートメーションの仕組みが必要ですが、最適タイミングでセールスできますので、効果が期待できます。
イメージとしてはクロスセル、アップセルをじっくり行うという感じです。

ワーク

購入者向けに送付するコンテンツを考える。
購入者向けに購入日から自動的にフォローメル(ステップメール)を送る
メール内のURLを購入者別に変えて、記録できるようにする。
特定条件の行動をとった人に自動でメールを送付する仕組み(セールスオートメーション)を検討する
購入者向けLPやキャンペーンを実施する企画をする


楽しみながら行うために

購入者にどのような情報を提供すれば満足が得られるかを考えて下さい。
また、他社がどのようにそれを実施しているか購入後に受け取るメールをじっくりと観察して下さい。
セールスではなく顧客フォローでこそステップメールが有効に機能します。
是非活用してみましょう。