4. 既存訪問者(相手は不明)の顧客化シナリオ

まずは集客です。この場合は再訪問の誘導ですね。 こちらから直接コンタクトとれるわけではないので、初回訪問時のなんらかの仕掛けを用意しておく必要があります。主にSNSを利用したものと、リマーケティング(リターゲティング)広告を利用したものが考えられます。

まずは集客です。この場合は再訪問の誘導ですね。
こちらから直接コンタクトとれるわけではないので、初回訪問時のなんらかの仕掛けを用意しておく必要があります。主にSNSを利用したものと、リマーケティング(リターゲティング)広告を利用したものが考えられます。

リマーケティング広告はディスプレイ広告の一種で、メディアサイトやブログなどにバナーが掲載される広告です。
自社サイトへの訪問者のうち、特定の条件に合致する人のみに広告を表示することができます。
条件をうまく設定すると潜在顧客(ニーズが顕在化していない人)と見込み客で誘導先を変えることができます。
うまくLPへ誘導し、潜在顧客向けのゴール、見込み客向けのゴールへ誘導することができます。

SNSを利用する場合は誘導先は追加したコンテンツや新着情報になるので、新着情報ページから専用ページに誘導する導線をつくりましょう。
コンテンツの終わりに誘導バナーを配置するのが効果的でしょう。


ワーク

潜在顧客が閲覧するページを確認
見込み顧客なら閲覧するページを想定
どのページを閲覧した人に次ぐに何を閲覧させたほうが効果的かを検討
最終的に訪問者のゴールをどこに設定するか決める


楽しみながら行うために

アクセス解析から潜在顧客が訪問するページは想定できますが、見込み顧客であれば見るページは訪問者の細かな動きをトレースしたり、コンテンツから想定する必要があります。この時顧客視点になる必要があります。これが楽しいです。