1-1-1 戦略、シナリオ

見込み客、顧客の属性に合わせた売上げアップのためのシナリオをフェーズ別に考える

1. WEBマーケティング戦略チャート

1. WEBマーケティング戦略チャート
「WEBマーケティング戦略チャート」とは私がコンサルティングに使う資料として勝手に名づけたもので、業界用語ではありません。 これは顧客レベル別に集客方法、誘導ページ、メインコンテンツ、ゴールまでの導線を記したもので、サイト構築や効果検証の際のベース資料となるものです。

1. WEBマーケティング戦略チャート

2. 見込み顧客の顧客化シナリオ

見込み顧客の顧客化について詳しく見ていきます

2. 見込み顧客の顧客化シナリオ

3. 潜在顧客の顧客化シナリオ

潜在顧客とは貴社商品をを購入する可能性がありながら、自分でそのニーズの気づいていない人のことです。つまり自分で検索するなどの行動をとらないので、その人たちがいそうな場所に気づきを与える広告を出して集客します。集客後はニーズを顕在化させ、ゴールへと誘導します。

3. 潜在顧客の顧客化シナリオ

4. 既存訪問者(相手は不明)の顧客化シナリオ

まずは集客です。この場合は再訪問の誘導ですね。 こちらから直接コンタクトとれるわけではないので、初回訪問時のなんらかの仕掛けを用意しておく必要があります。主にSNSを利用したものと、リマーケティング(リターゲティング)広告を利用したものが考えられます。

4. 既存訪問者(相手は不明)の顧客化シナリオ

5. 見込み顧客(アドレスあり)の顧客化シナリオ

メールアドレスがある見込み客にはメールでアプローチします。 メールの種類を理解しましょう。 通常マーケティングに利用されるメールには2種類あります。 同じ内容のメールが送付される同報メールと登録日によって送付内容が変わるステップメールです。

5. 見込み顧客(アドレスあり)の顧客化シナリオ

6. 既存顧客の再購入シナリオ

一度商品を購入した人はある程度購入したところを信頼します。 これは自分がここで購入したことを正当化したい心理が働くためです。 このきもちがあるうちに本当の信頼関係を構築し、再購入してもらいやすいようにしましょう。

6. 既存顧客の再購入シナリオ

7. 常連顧客の再購入シナリオ

常連客に販売を行なうというと、「買いやすい人だからいろいろと売りつけろ」というイメージを持つかもしれません。 実際にはいろいろと売りつけるのではなく、感謝の気持ちから様々な優待する施策を行なうことです。 まずここを勘違いしないようにしてシナリオをつくりましょう。

7. 常連顧客の再購入シナリオ