ニーズを決めて実際に目的の情報にたどり着く

想定した人になりきって、検索サイトにキーワードを入れます。 検索結果を見て課題解決提供するサイトをいくつか見つけます。

ある程度検索結果を分析すると視点が顧客視点ではなくなってきます。
本体の目的は見込み客に自社サイトに来てもらい、何らかのアクションを起してもらうことです。具体的な見込み客を想定して検索結果を見てみましょう。

まずはニーズ、解決したい問題をいくつか書き出します。ニーズ別に見込み客の立場、年齢、性別を想定します。想定したらきちんと記述しておきましょう。

想定した人になりきって、検索サイトにキーワードを入れます。
検索結果を見て課題解決提供するサイトをいくつか見つけます。
URLをブックマークします。

ワーク

見込み顧客のニーズ、解決したい問題をいくつか書き出す
見込み客の立場、年齢、性別を想定する
想定した人になりきって検索キーワードを入力する
検索結果を見て課題解決提供するサイトをいくつか見つける