1-1-6 検索結果を見る、使う

毎日のように使われる検索結果ですが画面構成のついて考える機会はあまりないと思います。顧客視点で一度整理しておきましょう。

検索結果ついて理解する

毎日のように使われる検索結果ですが画面構成のついて考える機会はあまりないと思いますので一度整理しておきましょう。

検索結果ついて理解する

登録数を見る

検索結果に表示された数だけ課題解決に関する競合サイトがあります。

登録数を見る

広告とランディングページを見る

検索結果に表示されている広告が見込み顧客にとってどれぐらい魅力的か確認します。

広告とランディングページを見る

検索結果のタイトルに注目

上位表示されているリンンクのタイトルの20位ぐらいまでの中で気になるタイトルのサイトを確認します。

検索結果のタイトルに注目

検索結果をグループ分けする

検索結果のリンク先を個人情報サイト、ポータル系、ショップ系、アフィリエイト等に分類してニーズに関連する項目にたどり着きやすいか把握します。

検索結果をグループ分けする

ニーズを決めて実際に目的の情報にたどり着く

想定した人になりきって、検索サイトにキーワードを入れます。 検索結果を見て課題解決提供するサイトをいくつか見つけます。

ニーズを決めて実際に目的の情報にたどり着く

サジェスチョンをみる

メインキーワード同様、サジェスチョンキーワードの検索結果も閲覧しておきましょう。

サジェスチョンをみる

競合チェック

検索結果にて競合の状況を把握したら、自社サイトのLPの修正に活かしましょう

競合チェック