3. ニーズ分析

顧客が欲しいのは商品ではなくニーズを満たすものです。 そのため、マーケティング、セールスにおいては商品の特質よりもどのようなニーズに対して解決するのかが重要になります。

顧客が欲しいのは商品ではなくニーズを満たすものです。
そのため、マーケティング、セールスにおいては商品の特質よりもどのようなニーズに対して解決するのかが重要になります。時には制作側が意図しないニーズを解決する場合もあります。
ニーズを想定しキーワードを把握しましょう。
キーワードはGoogleの広告ツールを使うと需要や言葉の揺れがわかります。
想定と違うことが多いので、かならずチェックしましょう。
また、そのキーワードで検索した結果も見ましょう。多くのヒントがかくれいています。

ワーク

ニーズ一覧(ソリューション一覧)を書き出す
ニーズキーワードをすべて書き出す
Googleの広告ツールを使い言葉の揺れを把握
キーワード需要、キーワード供給を調べる


楽しみながら行うために

ニーズからキーワードの導き出しは頭を柔らかくする必要があります。
マインドマップなどをつかって、論理的に関連用語を導き出すだけでなくマンダラートなどを利用し、発想をひろげてキーワードを導き出します。
この過程は大変な作業ですが、考えること自体がゲームのようで楽しめます。