ランディングページを比較する

ランディングページを調査すると競合の本気度が見えてきます。コピー、導線、コンテンツ、ゴールなど一つ一つ比較してみましょう。

ランディングページとは最初に閲覧されるページのことです。

広告などは制作側が見せるページを指定できますが、ここで誘導する先を商品ページではなく広告の内容につまり訪問者の期待にあったページに誘導することにより効果を高めようという考えのもとつくられたページです。

つまり競合の本気度がここで見えてくるわけです。広告のコピーにあわせたページのキャッチコピー、そのコピーにあわせた特長の見せ方、期間限定のキャンペーンにより一気にクローズまで導く導線。

広告のコピーが変わるたびに内容も変えなければならないため、運営コストもかかります。

これらをどこまで行っているかを調査しましょう。

まずは調査に使えるツールの紹介です。
長いページを1ページにまとめる
http://webnaut.jp/markup/1125.html
こちらで印刷さやすい形にしてください。

比較内容は下記です。

ファーストビュー比較する
コピーを比較する
コンテンツを比較する
サブコンテンツを比較する
設定ゴールを比較する
限定を比較する

内容としては商品ページの比較と似ているのですが、LPはキャンペーン的要素が強いので、ファーストビュー、ゴール、限定に注目して比較してください



ワーク

専用ページを持っているか確認する
ファーストビュー比較する
コピーを比較する
コンテンツを比較する
サブコンテンツを比較する


楽しみながら行うために

LPが競合に負けなければ集客後の活動がしやすくなります。一つ一つどうしたら負けないコンテンツになるかを楽しみながらじっくり考えましょう。