商品ページを比較する

商品ページページの見せ方により、見込み客をどれだけ顧客にできるかが変わるだけに、商品ページはかなり重要なのは位置づけになります。導入部分のキャッチコピーから説得するためにコンテンツ、購入を後押しするためのサブコンテンツまでどれも重要なのは要素です。それぞれを競合と比較してみましょう。

前回は競合サイトのトップページについて検証しました。競合商品の競合内での位置づけなどが把握できたと思います。今回は商品ページの比較です。

商品ページページの見せ方により、見込み客をどれだけ顧客にできるかが変わるだけに、商品ページはかなり重要なのは位置づけになります。導入部分のキャッチコピーから説得するためにコンテンツ、購入を後押しするためのサブコンテンツまでどれも重要なのは要素です。それぞれを競合と比較してみましょう。

まずはファーストビューの比較です。ファーストビューはとはページを開いて最初に見える範囲のことです。当然閲覧環境によって違いますがアクセス解析で確認して訪問者のメイン環境に合わせて確認します。どにような情報が入ってきますかきますか?キャッチコピー、リード文が入っていればベストです。

次はキャッチコピーの比較です。何を訴えているか比較しましょう。

次はメインコンテンツです。
仕様、特長、コンセプトなどをどのように伝えているか比較しましょう。

次はサブコンテンツです。購入を後押しするためのコンテンツです。安心感をあたえ、自分(自社)に合ってるだろうと思わせるコンテンツになります。事例、インタビュー、想定利用法、FAQ、実績などがこれにあたります。競合サイトがページ内にどのように掲載しているか確認し比較しましょう。

最後はゴール誘導です。購入意思がある程度上がった人に対しどのようなゴールへ誘導しているか比較します。せっかくコンテンツで説得しても詰めが甘いとせっかくの顧客を逃してしまいます。ゴール誘導を比較しましょう。特に購入ではないゴールを用意しているかを確認します。


今回は以上です。かなりのボリュームになるので時間がかかると思います。

とりあえず1つだけでも進めましょう。

ワーク

キャッチコピーを比較する
メインコンテンツを比較する
サブコンテンンツを比較する

誘導先を比較する


楽しみながら行うために

いろいろな視点でコンテンツを比較すると、競合の強みや弱みが見えてきます。そうすると、どうやれば勝てるかが明確になります。