1-1-4 競合調査

リアルビジネスの競合、検索結果から競合、ニーズを満たす別業界の競合など様々な競合を意識し、ページのコンテンツやコピーを比較することにより、負けないサイトづくりができるようになります。

競合を定義する

サイト運営ではかなり重要にもかかわらず、なんとなくで終わらせてしまう競合調査。きちんと成果物にまとめることにより、経営者や上司とサイトへの意識を統一できます。また、サイト改善の優先順位が見えてきます。

競合を定義する

トップページを比較する

競合サイトとトップページを比較します。 顧客視点に立って自社サイトとどちらがもっとも見たいと思うかを比較します

トップページを比較する

商品ページを比較する

商品ページページの見せ方により、見込み客をどれだけ顧客にできるかが変わるだけに、商品ページはかなり重要なのは位置づけになります。導入部分のキャッチコピーから説得するためにコンテンツ、購入を後押しするためのサブコンテンツまでどれも重要なのは要素です。それぞれを競合と比較してみましょう。

商品ページを比較する

ランディングページを比較する

ランディングページを調査すると競合の本気度が見えてきます。コピー、導線、コンテンツ、ゴールなど一つ一つ比較してみましょう。

ランディングページを比較する

会社案内ページを比較する

見込み顧客が会社案内ページを閲覧する理由は何でしょうか?あなたがサイトでものを検討するときに会社案内を見る理由は何ですか。「信頼できる会社か?」ではないでしょうか。

会社案内ページを比較する

コンテンツを比較する

訪問者の属性を定義して、その属性別に最適なコンテンツがあるかを比較します。

コンテンツを比較する

集客力を比較する

検索結果やメディアサイト、SNSからサイトへ集客しているかを比較することにより、見込み客に競合サイトがどれだけ露出されているかを把握します。

集客力を比較する