SNSと連携すると

SNSはゆるいつながりをもった見込み客に新着情報や更新情報を告知するのに最適です

SNSはゆるいつながりをもった見込み客に新着情報や更新情報を告知するのに最適です。
サイトを更新した際の告知先として活用します。

まずはアカウントの作成です。もともと個人のつながりのためのツールですので、利用するのは代表のアカウントかと思われがちですが、コンサルタントや士業でない場合は法人アカウントの方がいいでしょう。あくまでメルマガなどを利用しないで新着情報の告知を受けたい方向けと割りきりましょう。
個人アカウントは別途知り合いむけに告知する場と役割を分けてください。

投稿する内容は、コンテンツ7割、セールスキャンペーン告知3割ぐらいになるように、見込み客に情報を提供することを重視します。
ただし、コンテンツ自体は自社サイトか自社サイト内のブログに掲載するようにしましょう。あくまでSNSは告知の場です。どこまで引用すべきかもある程度ルールを決めて投稿します。

SNSがメールの代わりになると考える人もいますが、やはりプッシュメディアとしてはメールのほうが優れています。メルマガとの境界線を決めて、限定情報の告知はメールの方の優先順位を上げるようにしましょう。

ワーク

アカウントを決める
コンテンツの提供範囲を決める
メール登録との境界線を決める