Google Search Console

アクセス解析同様定期的にチェックするのがGoogle Search Console(旧googleのウェブマスターツール)です。 登録方法はほかのサイトで解説されていますのでそちらを確認してもらうとして、定点観測でおこないべきチェックをマスターしましょう。

クロールは正常化か
サイトのページは正常にクロールされていますか?
新たに追加した設定によりGoogleが取得できなくなっている可能性があります。まあクローラーがどの程度の頻度で訪れているのかもわかります。
定期的に閲覧確認しましょう。

インデックスされているか
サイトマップxmlをサイトにつくっておき、サイトにどのようなページがあるかをGoogleに知らせます。その様子が確認できます。

最近追加したページはfetchしているか
Googleに現在どのようにページがインデックスされているかを確認することができます。
クロール>Fetch as Googleというメニューにてページ名を入力するとどのように取得されているかソースが表示されます。古い情報の場合は「インデックスに送信」をクリックするとGoogleに再取得の依頼をできます。

被リンクに異常はないか
検索トラフィック>サイトへのリンク にて現在どのようページからリンクされているかが把握でます。一覧から不要なリンクがないかを確認しましょう。

ワーク

クロールは正常化か
インデックスされているか
最近追加したページはfetchしているか
被リンクに異常はないか