ネットを利用したプレスリリース

新しく商品やサービスをつくったり、リニューアルした場合のマスコミ向け告知にプレスリリースを利用します。

新しく商品やサービスをつくったり、リニューアルした場合のマスコミ向け告知にプレスリリースを利用します。ネットでは代行サービスが充実しており、記事作成から配信まで代行してくれる会社が多数あります。実際にメディアに掲載されると、長期的なSEO効果も期待出来るため、新サービスの立ち上げにはリアルのプレスリリースと平行してネットを利用したプレスリリースを行うと集客効果が期待出来ます。

まずは何をリリースする検討します。
ホームページのリニューアルや安売りのキャンペーン告知ではメディアサイトに掲載されることはほとんどありません。
編集者の視点にたち、なにかおもしろい企画や新サービスが中に入っている必要があります。開発の意図や背景などもきちんと企画し、ストーリー性のある内容にした方が取り上げられやすいです。

配信内容が決まったらどのようなメディアに配信するかを決めます。
配信は単純に窓口にメールで配信する方法からFAX、郵送、担当者へのアポイントなど様々な方法があります。
一社でも大きく取り上げてもらうと後から取材申し込みが来て追加で掲載されることが多いので、どこか狙い所を攻めるのも有効です。

配信内容、配信先が決まってもテキスト原稿だけではまだまだ内容が足りず、理解してもらえません。
きちんと図解の入った専用ページを作り、初めて商品やサービスを知った人にもわかりやすいようにします。

ネットでのプレスリリース配信は専門の代行会社が複数あるので、それらを利用を検討します。
ただし代行会社からは毎日大量のリリースが配信されているので、埋もれてしまう可能性があります。
全ての配信先を代行会社から配信するのは避けたほうがいいです。
直接送るべきと思ったところは自分できちんと連絡します。

ワーク

発表内容の検討する
配信先を検討する
リリースに合わせたランディングページを企画する
リリース配信代行サービス会社を検討する