キャッチコピー、ヘッドラインをつくろう

集客においてもっとも重要なのはコピーです。 見込み客に広告をクリックしてもらえるか、ページを閲覧してもらえるかはこのコピー次第だといっても過言ではありません。

集客においてもっとも重要なのはコピーです。
見込み客に広告をクリックしてもらえるか、ページを閲覧してもらえるかはこのコピー次第だといっても過言ではありません。
そのため、コピーは複数作って実際に公開しながらどのコピーが反応がいいかを測定しながら最適化すべきです。
コピーの種類はページタイトル、メールタイトル、テクスト広告、バナー広告、ページのヘッドラインが対象になります。また、コピーを作るにあたっては誰に向けてのメッセージなのか、どのようなベネフィットがあることを伝えるかをつたえることにより、本来ページで伝えるべこ情報を読んでもらうことができるようになります。
ただし、行き過ぎたコピーは信頼感を失います。ページやコンテンツと乖離していないか、煽っていないかを客観的にチェックするようにしましょう。

広告をアウトソーシングすると、広告のコピーもアウトソーシング先に作成して持たうことが多いかもせれませんが、これはあまり良くありません。一緒に考えてどのようにテストするかを共有しましょう。そしてどのコピーの反応がいいかを予想しましょう。この予想と実際の結果を比較することが見込み客の嗜好を把握する事になります。

ワーク

メイン商品のコピーを複数考える
広告用のコピーを考える
サイト用のコピーに考える