アフィリエイトとは

アフィリエイトとはネットで行う代理店のようなものです。 記事広告に近いページを作ってもらい、そのページ経由で売れた場合に手数料を払います。

アフィリエイトとはネットで行う代理店のようなものです。
記事広告に近いページを作ってもらい、そのページ経由で売れた場合に手数料を払います。

売れた場合にのみ手数料が発生する仕組みですので、手数料(マージン)をいくらに設定するかによりアフィリエーター(アフィリエイトを行ってくれる人)の数や質が変わってきます。まずはアフィリエイトで販売する手数料を決めます。

次にアフィリエイトを行った場合に発生する運営業務を把握し、社内で対応できるのかを検討します。アフィリエーターがページを作るためのテキスト素材、画像、動画、バナーなどを準備します。キャンペーンを行なう場合にも個別にコンテンツをアフィリエーターに提供します。

また、実際に商品が売れた場合、きちんと商品が売れたかを確認し、売上を承認する必要があります。売上件数が多ければ多いほど、この作業が負担になります。

NGキーワードなどブランドを傷つけないための運営ポリシーを決める必要もあります。アフィリエーターが作るページは誇張表現が多くなりがちですので、どこまでの表現を許すか予め境界線を見せてあげるとあやしすぎるページにより自社サービスの質が悪く見えるリスクを抑えられます。

このようにアフィリエイトは自社で行なうことが多い集客活動です。
運営も手間がかかります。
ただし、ハマれば安定して売上をあげられるだけでなく、検索サイトの上位を自社サービスで専有できるなどの効果もあります。

導入を検討する場合は中途半端にならないかということを検討要素にする必要があります。







ワーク

販売商品とマージンを検討する
運営業務を把握する
提供コンテンツを確認する
NGキーワードなどブランドを傷つけないためのポリシーを決める